救急・救助

救急車の適正利用について

救急車の適正利用にご協力を!!

救急車の適正利用について

救急車の適正利用について

入間東部地区消防組合管内では、平成28年中の救急出場件数は11,726件出場しており、その件数は年々増加しております。
現在は、救急車7台で対応しておりますが、同時間帯に7台すべてが救急出場していることが少なくありません。この時は、救急業務の経験がある消防隊員が、消防車で現場に駆けつけ応急手当をしています。
しかし、救急出場件数が多くなり、救急車の利用が多くなれば、救急車が次の現場に到着する時間も徐々に遅れていきます。それにより、救えるべき命が救えなくなるおそれがあります。

緊急性がなく、自分で病院に行ける方は、救急車以外の交通機関等を利用してください。
しかし、傷病者の様子やケガの状況から、少しでも早く病院に行った方が良いと思った時には、迷わず119番通報をしてください。
本当に救急車を必要としている方のためにも、住民の方のご理解とご協力をお願いいたします。

ひとつひとつ大切な命を救うために、救急車の適正利用にご協力をお願いいたします。

10
住宅用火災警報器について
つけましたか?住宅用火災警報器

住宅用火災警報器は火災の早期発見のために設置が義務付けられています。
設置方法やご購入に関することはこちらをご覧下さい。

住宅用火災警報器の詳細を見る

  • 埼玉県医療機能情報提供システム
  • e-カレッジ
  • 代替文字を入力してください
  • 代替文字を入力してください

ページの先頭に戻る