暮らしの防災 -火事編-

119番通報の仕方

はい! 119番です


火災・緊急・救助は119番!

火災・緊急・救助は119番!

消防車・救急車・救助工作車を呼びたいときは、「局番なし」の「119」に電話してください。
119番通信担当員が次のようにお伺いしますので、誘導に従って落ち着いて、はっきりと、分かりやすく答えてください。

119番消防署です。
火災ですか?救急ですか?
「火災です。」または「救急です。」
場所はどこですか? 「○○市(町)××○丁目○○番○○号です。」(近くの家の住所表示等を参考にしてください。分からない場合は付近の特徴を伝えてください。)
何が燃えていますか?(火災の場合)
どんな状況ですか(救急の場合)
「……です。」現在の状況を分かりやすく伝えてください。
あなたの氏名と電話番号を教えて下さい。 「私の名前は○○○○です。」
「電話番号は○○○-○○○○です。」
近くに目標になる建物はありますか? 「目標は、○○の○側です。」
「○○学校・商店・病院・公園の○側です。(現場は目標物の方位(東西南北)で伝えてください。)

※現場の住所は、必ず○○市(町)から伝えてください。
必ず、落ち着いて・正確に・119番担当員の誘導に従って話してください。

携帯電話からの119番

携帯電話から119番通報する場合も「市外局番なし」「119」ですが、場所によっては近隣の消防本部へつながる場合があります。

スマートフォン

当消防の管轄地域は、さいたま市、川越市、志木市、所沢市、新座市に隣接した地域があり、その付近では、携帯電話からの119番通報は、当消防以外の消防本部につながってしまう場合があります。 そのような場合でも、近隣消防本部から当消防本部へ転送され、迅速に対応いたします。ご迷惑をおかけいたしますが、現時点でのシステムの限界を御理解いただきますよう、お願い申し上げます。

※携帯電話からの通報であることを告げてください。
※車両を運転中の場合は、安全な場所に停車してから通報してください。
※電源を切らずにおいて下さい。
(呼び返しで、更にお尋ねする場合があります。)

FAX(ファクシミリ)による119番

電話での119番通報が困難な場合
ファクシミリ(FAX)による119番通報ができます

【1】FAX119番通報用紙に必要事項を記入してください

FAX119

・FAX119番通報用紙はお近くの消防署に用意しています。
・FAX119番通報用紙は、下記PDFからもご確認できます。
・名前や住所等の必要事項が記入されていれば、必ずしもFAX
 119番通報用紙を使用しなくてもかまいません。

FAX119番通報用紙PDFはこちら

【2】ご自宅のFAXから市外局番なし「119」に送信

FAX119

お使いのFAX操作に従いFAX119番通報用紙をセットして、市外局番はいれず「119」番をダイヤルし送信してください。

【3】自宅FAXに「FAX119受信確認書」が送られます

FAX119

消防署がFAX119番受信を確認するとご自宅のFAXに、「FAX119受信確認書」が届きます。万が一「FAX119受信確認書」が届かない場合は、何らかの原因で消防署にFAXが届いていない恐れがあります。再度②の手順でFAX119番通報をしてください。

【4】消防署がFAXを受信、消防車や救急車が出動します

FAX119

・消防車が到着するまで安全な場所へ避難してください。
・救急車が到着するまで出来る限り玄関の開錠をお願いします。
・病歴や掛かりつけの病院、連絡の取れる方の情報が分かる資料
 等をできるだけ準備してください。

インターネットからの119番通報(Net119緊急通報システム)

Net119通報システムとは?

スマートフォンや携帯電話等のWeb(インターネット)機能を使用し、簡単画面操作で119番通報を行うシステムです。通報と同時に、GPS(衛星利用測位システム)の位置情報を利用し、外出先でも通報者の居場所を把握しやすくなります。

富士見市、ふじみ野市、三芳町に在住、在勤、在学されている方で、電話による音声での119番通報が困難な方を対象としたシステムです。利用するには、利用登録申請書が必要です。

119番通報等における電話同時通訳サービスの運用開始

〇多言語通訳体制の概要について
 入間東部地区事務組合消防本部は、富士見市、ふじみ野市、三芳町に居住、在勤する外国人及び外国人観光客など、日本語によるコミュニケーションが困難な方からの119番通報及び災害現場での対応を円滑に行うため、民間事業所の電話通訳センターを介した電話同時通訳サービスの運用を開始しました。

〇運用開始日時
 平成30年8月1日 午前8時30分から 

〇対応時間
 24時間 365日

〇対応言語(5ヵ国語)
 英語 中国語 韓国語 ポルトガル語 スペイン語

三者間通話のイメージ

※通報手順
 ①外国語による119番通報を、消防指令センターが受信します。
 ②指令員は、外国語による通訳が必要と判断し、通訳を依頼します。
 ③三者間で、同時音声通話による通訳サービスを行います。
 ④内容を確認し、救急車又は消防車を向かわせます。

通報の悪い例


消防署 「はい、119番消防署です。火災ですか?救急ですか?」
通報者 「○○丁目の○○さんの家が火事です!早く来てください!」「ガチャ」
あわてて一方的に話しては、必要な情報が伝わらないばかりでなく、かえって時間を要してしまいます。
 担当員の誘導に従って聞かれた事を答えてください。 しかし、通報している場所に危険が迫っている場合は、避難を優先してください。

119番通報の仕方

ページの先頭に戻る