組合紹介

管理者挨拶

管理者 高畑 博

管理者 星野 光弘
富士見市長

副管理者 星野 光弘

副管理者 林 伊佐雄
三芳町長

副管理者 高畑 博

副管理者 高畑 博
ふじみ野市長

入間東部地区事務組合管理者 星野 光弘

 平成31年4月1日より、入間東部地区事務組合管理者に就任しました星野光弘です。当組合は、効率的かつ効果的な組合運営を行うため、昨年4月に消防組合と衛生組合が統合して入間東部地区事務組合としてスタートしました。 

 当組合管内(富士見市・ふじみ野市・三芳町)は、首都圏近郊という立地条件を背景として、東武東上線の各駅を中心に良好な市街地が形成され、また、魅力あるまちづくりが多くの人々から支持をされ、現在も人口は増加傾向にあり、今後さらなる発展が見込まれています。

 このような中、消防行政におきましては、住民の皆様の生命・身体・財産を守るという責務のもと、地域消防を支える地元消防団員とともに、大規模災害や複雑化する様々な災害に対応するため、今年度、大型はしご自動車や高規格救急自動車の車両更新、東消防署富士見分署の移転新築に伴う設計に着手するなど、さらなる消防体制の強化に取り組んでまいります。

 また、衛生行政におきましては、新設された浄化センターにおいて、清潔で住みよい環境づくりを目指し、適正にし尿処理を行うとともに、入間東部広域斎場のしののめの里におきましては、指定管理者による管理を行い、引き続き利用者の皆様に寄り添った斎場運営に取り組んでまいります。

 今後におきましても、林伊佐雄副管理者並びに高畑博副管理者と緊密に連携しながら、管内26万人余りの住民の皆様が、安心・安全で快適な暮らしを送ることができるように、よりよい生活環境の向上を目指してまいりますので、一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

30
住宅用火災警報器について
つけましたか?住宅用火災警報器

住宅用火災警報器は火災の早期発見のために設置が義務付けられています。
設置方法やご購入に関することはこちらをご覧下さい。

住宅用火災警報器の詳細を見る

  • 埼玉県医療機能情報提供システム
  • e-カレッジ

ページの先頭に戻る