新着情報

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

弾道ミサイル発射時の対応について

 北朝鮮より弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性があるときは、政府から関係する地域の住民に対してJアラート(全国瞬時警報システム)を使用して情報伝達することとなっています。

 市町村の防災行政無線からメッセージが流れたらその指示に従って落ち着いて行動してください。

Jアラートとは

 弾道ミサイル情報、津波情報、緊急地震速報など対処に時間的余裕のない事態に関する情報を国(内閣官房又は気象庁から総務省消防庁を経由)から送信し、市町村防災行政無線(同報系)等を自動起動することにより国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。

緊急時の情報伝達システムについて

(総務省消防庁ホームページより抜粋)

スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用について

弾道ミサイル情報等の国民保護情報は、現在、Jアラートを通じて市町村の防災行政無線より伝達されるほか、消防庁から携帯大手事業者(株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンク株式会社)を経由するエリアメール・緊急速報メールにより携帯電話・スマートフォンに配信されています。お持ちの携帯電話・スマートフォンが受信できるかどうかの確認手順等詳細については、こちらPDFファイル(252KB)をご覧ください。

弾道ミサイル落下時の行動について

 弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れたらただちに以下の行動をとってください。

[屋外にいる場合]
・近くのできるだけ頑丈な建物地下などに避難
・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠す地面に伏せ頭部を守る

[屋内にいる場合]
・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

詳細について

・内閣官房 国民保護ポータルサイト
( http://www.kokuminhogo.go.jp/ )

・総務省消防庁
( https://www.fdma.go.jp/ )

00
新着情報
住宅用火災警報器について
つけましたか?住宅用火災警報器

住宅用火災警報器は火災の早期発見のために設置が義務付けられています。
設置方法やご購入に関することはこちらをご覧下さい。

住宅用火災警報器の詳細を見る

  • 埼玉県医療機能情報提供システム
  • e-カレッジ
  • 代替文字を入力してください
  • 代替文字を入力してください

ページの先頭に戻る